福島市の総合印刷会社 株式会社 阿部紙工

loader
福島市の総合印刷会社 株式会社 阿部紙工

フレッシャーズ 03.製造部門

製造部門 2015年入社 佐藤 雄飛

製造部門では、印刷機械や加工設備のオペレーション技術の修得など、積極性のある人材を求めています。
基本的な操作だけでなく、環境に応じた設定など、自らの経験した事をスキルとして活かすことができる部門です。

フレッシャーズインタビュー

Q
どんな学生でしたか?
A

音楽が好きということもあり、高校では吹奏楽部に在籍し、部員全員で大会に向け3年間頑張りました。また、ゲームも力を合わせて相手に向かっていくという協力プレイが楽しく、夢中になってつい没頭してしまいます。仲間たちと一緒に目標に向け努力する事が楽しみでした。

Q
阿部紙工の志望理由・きっかけ
A

子どものころ、印刷会社の工場見学をする機会があり、印刷業に興味を持ち始め、いつか仕事として職に就いてみたいと思うようになりました。テレビCMで知っていた阿部紙工にチャレンジしてみようと思ったのが志望のきっかけでした。

Q
阿部紙工の第一印象
A

会社見学に来た際に、印刷工場ってこんなにキレイなんだ と驚きました。

Q
現在の仕事内容
A

色々な印刷機械があり、すぐに操作できるようにはなれませんが、現在は大型印刷機の助手として各印刷機械の特徴や取り扱いなど、機長の手伝いをしながら日々勉強しています。

Q
職場の雰囲気
A

忙しい中、分からないことにすぐ答えてもらえるなど、先輩方とも話しやすい雰囲気です。

Q
阿部紙工ってどんな会社?
A

私が担当している商業印刷物 はもとより、データプリントサービス業務 、印刷に関連した業務など様々な事にチャレンジしている会社です。

Q
仕事の魅力ややりがい
A

毎日見かける印刷物の中に、自分が携わった印刷物を見つけることで、社会に貢献しているという実感がとても湧きます。

Q
阿部紙工の魅力
A

印刷機で印刷物を刷ることだけでなく、幅広いサービスへの知識やそれを実現する技術など、興味を持って勉強できる環境が阿部紙工の魅力ですね。

Q
学生時代との違い
A

県庁など公共的な利用をする印刷物など、社会的に影響のある仕事に携わることで、会社組織の一員としての責任感が生まれました。

Q
仕事をするうえで心がけていること
A

まずは、先輩達から教えていただいた作業をキチンとこなせるようになりたいと思います。それからは自分で考えて判断し、行動できるようになりたいですね。

Q
これからの夢や目標
A

今は大型印刷機を中心に教わっていますが、助手としてではなく、機長として、自分のチカラでこの大きな印刷機を操作できるようになったらカッコいいなと。そのためにいろんなことを覚えて努力していきたいです。

フレッシャーズのある一日

9:00~ 印刷機械の稼働準備

印刷機周辺の清掃を行った後、印刷機械の稼働準備を行ない、当日の印刷予定表のチェックをします。

10:00~ 製造活動

印刷機助手として、印刷用紙の準備や印刷の元となる判子のセットなどを行ないます。

12:00~ 昼休憩

力仕事もあるせいか、お昼ご飯がおいしく感じます。

13:00~ 製造活動

印刷予定表を再度チェックし、印刷機の再稼働に向けて準備を行ないます。印刷機が稼働している間は状況を見ながらインク足しなども手伝います。

17:00~ 洗浄・整頓

終業前には、印刷機洗浄や仕掛品の整頓などを行なって一日の作業を終了。

18:00 退社

明日も頑張ります!

フレッシャーズインタビュー

岸波 由希奈

営業部門 2015年入社

藤井 駿

制作部門 2014年入社

ページトップ