福島市の総合印刷会社 株式会社 阿部紙工

loader
福島市の総合印刷会社 株式会社 阿部紙工

メディアユニバーサルデザイン

メディアユニバーサルデザインは、多くの方に見ていただく印刷物を作成するのに必要な知識です。

色弱は日本国内に320万人以上(日本人の20人に1人)、高齢者に多い白内障は120万人から140万人といわれ、多くの方に見ていただくことができる印刷物を作成する際には、色の見え方に関する知識は欠かせないものとなってきております。また、色の情報に加え、視覚から得られる多くの情報に配慮した印刷物をご提供するため、メディアユニバーサルデザインの資格取得を推奨しています。

メディアユニバーサルデザイン資格取得により、

見やすさ:明度差をつけた配色や区別しやすい色の組み合わせを行なうほか、色情報を得やすい色面積の確保やハッチング加工により見やすさに配慮します。

読みやすさ:大きめのサイズやフォントの種類、字間や行間の工夫を行なうほか、読みやすいように考えられたユニバーサルデザインフォントを利用します。

分かりやすさ:難しい漢字へのふりがなや用語の説明をつけ加えるほか、やさしい言葉やイラストによる解説、ピクトグラム(マーク)の使用により分かりやすさを演出します。

といった視覚情報に配慮した印刷物の作成に理解を深めています。

メディアユニバーサルデザイン 見え方の違い

デザイン・制作部門以外にも、営業の取得者も20名以上在席し、2016年11月現在、2級(ディレクター)8名、3級(アドバイザー)61名での製作・支援体制を整えております。

メディアユニバーサルデザイン資格の詳細につきましては、NPO法人メディア・ユニバーサル・デザイン協会のホームページをご確認ください。

 

関連記事

ページトップ